簡単!足浴で温まろう。

今日の岐阜市内はとっても寒い!

午前中雪がちらついていました。

こんな日はあったかいお風呂で冷えた体を温めたいですね。

でも、夜まで待てないなぁという時には、冷えた足先を温めるのに足浴がおすすめです。





我が家には琺瑯(ほうろう)のたらいがありますが、洗面器やバケツなどにお湯を入れてバスマットやタオルを敷いて使います。

足を拭くタオルを準備しておくのもお忘れなく。


そして、せっかくならハーブや精油、天然塩などを入れてプレシャスな(!)フットバスタイムにしたいですね。



浴槽に直接ハーブを入れると後片付けが大変ですが、タライや洗面器なら片づけやすいのでそのまま入れても大丈夫。見た目も楽しめる足浴になります。


1/26のワークショップで使うハーブを入れてみました。

春日のヨモギ、ラベンダー、カモミール、ローズのつぼみと花びら。


ハーブや精油が手に入らない方は、スーパーなどで買えるカモミールのハーブティーのティーバッグや柚子の皮を少し入れたり、『伯方の塩』など天然塩を大さじ半分から軽く1杯くらい入れてみてください。

精油を入れるときは1滴~3滴。入れたらよくかき混ぜてください。


足首までしかお湯に浸かっていませんが、上半身までじんわり汗をかくくらい温まってきます。肩や首のこわばりもほわ~んとほぐれる感じ。

お湯が冷めきらないうちにお湯から出ましょう。


今回は足浴のご紹介ですが、足でなく手だけ温める手浴も気持ちいいんですよ。

血液は1分で全身を巡るので部分浴は侮れません。

体調不良でお風呂を控えたいときなどもに足浴や手浴がおすすめです。

冷えたとき、気分転換したいときに。

ぜひやってみてください。


1/26の春日ヨモギのハーブバスソルト作りもまだまだ募集中です。

スワンアロマテラピー

アロマセラピスト。岐阜市内でオリジナルブランド、スワンアロマテラピーのブレンドエッセンシャルオイルとオーガニックコスメの販売、アロマレッスンを主宰しております。